CANDY DROPS

<   2005年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

e0017155_1341554.jpg

ローランドのデジタルピアノがうちにやってきた♪
おまけでエルモがついてきた。何故??
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-31 13:04 | 日常生活

「東大で上野千鶴子に喧嘩を学ぶ」遙洋子著

現在、↑を読んでます。
文庫本になって手にとりやすくなったからネ。

それを読んでいて思ったのは
「来年の目標!!脱!コンプレックス!」だった。
まぁ、詳しいことは割愛して、この本と上野千鶴子についてちょっと語りましょうか。

More
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-30 23:18 | 書物

ありがとうの言葉さえ大切すぎて言えないよ。

一昨日は同期会。
昨日は部の歓迎会&送別会&忘年会。

2連荘で飲み会でした。
同期会に関しては割愛します。

昨日は業務のお姉さんの最終日で、送別会でした。
メインはそれだったのさ。
お姉さんに気取られないように、必死で寄せ書きカード(色紙を回すと何処かで止まるから、カードに書いてもらって集めた)を集めてたのだけど、社内にはユダだらけで血の気が引きました。
中には書いた寄せ書きカードを直接本人に渡した大莫迦な御仁もいらしたという。

一次会の時に、花束とその寄せ書きを集めたブックをお渡ししました。
お姉さんの挨拶の段階からボロボロ涙が止まらなくなって、花束を渡した時の私は、カナリ酷い表情だったかと思われます。

二次会はカラオケ☆
お姉さん&お姉さんの後任の新お姉さん&40を越えたおじさんお兄さんによる「天城越え」はかなり見ものでした。
お姉さんの歌声は、すごく伸びて、とても上手かった。
課長も流石。バンドのヴォーカルさんだっただけあって、超甘い声でのびのびと歌われました。
新お姉さんは歌舞伎町での会だっただけに「歌舞伎町の女王」を熱唱(笑)

私はいつもの如く、大塚愛の「さくらんぼ」を歌いました。

会がお開きになって、本当にコレで最後だと思うと、再び涙腺が緩み…うるうる。
別れ際にお姉さんと握手をして、エネルギー充電。
帰りの電車の中でもずっと泣きはらした目が痛かったし、涙が止まらなかった。


そしてお姉さんがいなくなった今日。
悲しいんだけど、自分なりに心の整理はちゃんとつけないといけなくて。
書類とかホワイトボードの名前マグネットとか、お姉さんのロッカーの鍵とかをちゃんと整理して・書き換えて・返却して…としていて。

すごく冷静に振舞える自分にびっくりした。
普通以上にテキパキと仕事をこなす私にびっくりした。

けど…
今、こうやってブログを書いていて、また涙腺がヤバイことになってます。

すっごく、すっごく。
私にとっては大きな存在だったお姉さん。
人生の先輩として、社会人の先輩として、女として…尊敬するところが山のようにあって、親身に話を聞いてくださって、いつも笑顔で、いつもポジティヴ。
いつも空回りの私を、時には見守り、時には手を差し伸べ、時には「自分でやってみなさい」と言い、時には叱ってくださったお姉さん。
大好きで、尊敬して、憧れて、時々反発したこともあったけど、大切な思い出。
ありがとうを何百回言っても足りなくて、ありがとうの言葉さえ大切すぎて言えないくらいの感謝があって…。

しばらくコレで泣きそうです。
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-28 20:59 | お仕事日記

結局

天嘉、行きませんでした。

…というか、いろいろな事情が重なって行けなかったというか。
チケットとってて、しかも1階スタンド席の結構前の方だったりして、良席だったのでもったいなかったなぁとは思いますが、まぁ仕方がないかな。

だけど、やらなきゃならなかったことはほとんど終わりました。
終わったのでM-1グランプリを観てました。


天嘉に参加された皆様、お疲れ様でした~!
行ってらした方のレポを読んで、行った気になろうかなと思います。
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-25 21:03 | 日常生活

遠足の前日のような

明日は天嘉だ♪

ぜんぜん実感がないよ(汗)
なんでだろうなぁ?


今日は清水の舞台から飛び降りるような覚悟で、社会人になってから初めて10万円を越えるお買い物をしました。

RolandのデジタルピアノFP-2。

5月くらいからずーっと、買おうかどうか迷ってた品物です。

自分の使ってた実家のピアノが輸入ピアノで、鍵盤が重かったという事もあって、YAMAHAとかCASIOとかKORGのは鍵盤が軽い気がしていやだったからね。
5月にすごーい迷ってた時に接客してくれたお姉さんに、今日も対応してもらいました。
31日に、ピアノとピアノスタンドが届きます。

楽しみ♪

最終目標は加羽沢美濃アレンジの楽曲を弾きこなせるようになること!
12年のブランクを取り戻すべく、頑張ろうと思います。
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-24 22:52 | 我愛Music!!

腹黒度チェック

弟のサイトで「腹黒度チェック」なるものをやっていたのでやってみた。

結果とか、みる?
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-24 22:37 | 物思ひ

悔しい

最近職場で人に対して非難めいたことを口にしてしまう自分がいる。
そういう自分にも「大人気ないなぁ」とか、「不必要に他人を傷つけたなぁ」とか思って腹が立つ。

お姉さんがいなくなることに対して、必要以上に「自分がしっかりしなきゃだめだ!」って思って、半分は空回りしているのがわかるんだけど。
半分は今までの担当者の引き継ぎの甘さや、情報管理の甘さに泣かされている部分。

入社一年目にしては、かなり生意気なのも自覚してる。

今日は、明らかに情報の伝達を徹底できてない人に「どうして柚姫さん(仮名)が『できてない』って言えるの??」って言われた。
手元の書類には、明らかに「できてない」の論拠である情報があったけど、結局言い返さなかった。

根拠がない議論は説得力にかける。
それ以上に、語り手自身の持つ能力には力があって、今日の私にはそれが足りなかっただけ。

言い返せるけど、それをしたところで私がその問題によって起こる何を危惧しているのかを伝えられないのが解ってたから諦めた。

確かに、お姉さんがいなくなっても、組織というやつは動いて行く。
私一人いなくなっても、困る人はいなくて、何だかんだで動いて行く。
「自分がいなくなったら困る人がいる」なんて思うのは、自分勝手な思い込みでしかない。

自分が欠けることによって、何か会社の中で足りなくなるものがあるかと考えた時、それが何もないことに愕然とする。
自分のいる部署の関係上、売上がダイレクトに数字として出てくるわけじゃないから、本当に誰も困らないんだ。

だったら、自分がいることの意味は、自分が目の前で困っている事=問題を出来る範囲で何とかできるようにする事だけしかない。
冷たいようだけど、自分がここまでと決めた範囲だけは完璧に処理して、それ以外は徹底的に触れないで、自分の範囲だけは完璧をキープしてやる。

自分のできない事をいけしゃあしゃあと「やって当たり前」だとか言う、そんなの私は認めない。
中身の伴わない口先三寸なんて、私は大嫌い。
それでいて「誠実さが重要だ」とか、「誠心誠意」なんてよく言えたもんだ。

自分の姑息さや甘さを自覚しないで、キレイな言葉を並べて。
そういう人に限って、自分のことを棚にあげたがる。

そんな事をするようになったら終わり。
絶対にしたくない。
しないで済むようにしたい。


…潔癖すぎる?


とりあえず。
いなくなる時に誰かに引き継ぐ時、「知らない」と言われて結局ゼロから行かなきゃならないなんてことはナシにしなきゃ。

私のできることはまだまだ少ないけど、小さい事でも積み重ねれば何かになる。
そうだと思わないとやってけないよ(´へ`;)
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-24 19:17 | 日常生活

業務連絡

年末年始は実家に帰りません(^_^)/
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-23 21:20 | 日常生活

ミラァボォォォォル

昨日はお友達の職場に、コルビジェのカレンダーを届けに行ってきました。

①代官山の一等地に立つマンションの最上階メゾネットタイプ。
デザイン事務所さんなんですけどね。
なんというか、そのマンションがね。
エントランスを入って、共用廊下がホテルみたいな感じで。
家賃いくらくらいするんだろう??とか下世話なことを考えてしまった。
(※月150万くらい収入がないと住めないところだと判明。
一月の家賃は私のお給料の3か月分くらいするのさ。)

②マツ●ンサンバで有名なレコード会社の地下。
うちの会社の別事業部さんとお付き合いがあるらしいんだけどね。。
話には聞いてはいたのだけど、今の季節だからか、ミラーボールが5つ位天井からさがっているのです。
くるくるとそれが雪のようなイメージを映し出していて、ものすごいキレイなの。
よいですなぁ、よいですなぁ。

自分の職場に帰ってくると、事務所の蛍光灯が1コ切れていて、なんか微妙な気分に。
私の一時の幸せを返せ!!!!!!
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-23 20:40 | お仕事日記

草加せんべいdeサンタ

e0017155_1811115.jpg

[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-22 18:11 | 日常生活



CANDYのようにカラフルな柚姫の日常記録♪