CANDY DROPS

はまってます。

最近ひとり推理ゲームに凝っております。

面白い…。

友達を巻き込んでひたすらブレストしてみたりもします。



例えば昨日立てた仮説。

Q1 : 私の市場価値が一番発揮されるマーケットはどこか?
(というか、平たく言えばどういう人に一番モテるか。)

そのときブレストに付き合ってくれた友達の見解はこんなかんじ。

・30~38歳の独身男性。
・メガネのサラリーマン。
・身長175cm程度、細身。
・職業:住宅業界。所属部署は資材部。
・趣味:ものすっごいゲームオタクかギャンブラー。

=○))゜Д゜))ぎゃん。

「じゃあ、本当にそういう人が私を好きになるまでを検証してみよう。」
と、逆から私のほうに辿る道を考えて、そこで出てくるファクターがどう道を阻害して行くのかを考えると、双方向で色々と考えられるのです。
でも、この問は抽象的すぎて、あんまり参考にならないかな。

今日立ててみた仮説はもっとすすんでいたかも。
仕事に当てはめてみた仮説。
ウチの会社のカーテンは、実際に買った人とワンセットでイメージできないなと、私は思ったので、こんなことを考えてみました。

Q2 : A社のカーテン①をターゲット層30代女性の百合子さん(仮名)が購入した。

この「百合子さん」を詳しくプロファイリングして、一人の人物像を組み立ててください。

・住んでいるところは?
・マンション?戸建?
・カーテンを買うきっかけは新築?リフォーム?賃貸の引越し?
・どんな雑誌を読んでる?どんなTV番組を見てる?どんな音楽が好き?
・身長は?体型は?血液型は?年齢は?
・結婚している?結婚何年目?子供はいる?
・親と同居?別居?
・車は持ってる?どんな車種?
・職業は?旦那さんが居るならその職業は?
・年収は?1ヶ月にいくら自由に使える?
・趣味は?特技は?
・料理はする?しない?
・よく行く買い物スポットは?

じゃあ、今度は「百合子さん」の行動パターンを追ってみて、このカーテン①を買うにはどういうプロセスを経る必要があるのかを検証する。

・カーテンが必要になった理由
・よく読む雑誌やTV・音楽から導かれる趣味嗜好
・買い物スポット
・憧れるスタイル
・現実のライフスタイル

…などなど。
ひとつのものを選択するには、色々な段階を踏まなければならないから、「カーテン①を買う」というゴールにたどり着かない選択肢の方が実はとっても多かったりする。
「カーテン①を購入する」確率を計算するのは実はとっても複雑で、わかりにくい。
その、たどり着かない選択肢を検証していくことにこそ、面白いことであり、消費者心理をひもとくヒントではないのではないかと思ったり。

ちなみにこの方法。
芝居の役者さんが役作りをするための人物形成法と、脚本・演出を同時進行でやっているようなものだったりします。
こういう仮説にデータの裏づけがついたら、マーケティング手法としては正解だったりしませんかね?先生?>私信
[PR]
by yuzu-candy | 2006-04-03 23:31 | 日常生活
<< 「心のうちバドン」とやら お花見に行きたかった…。 >>



CANDYのようにカラフルな柚姫の日常記録♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31