CANDY DROPS

悔しい

最近職場で人に対して非難めいたことを口にしてしまう自分がいる。
そういう自分にも「大人気ないなぁ」とか、「不必要に他人を傷つけたなぁ」とか思って腹が立つ。

お姉さんがいなくなることに対して、必要以上に「自分がしっかりしなきゃだめだ!」って思って、半分は空回りしているのがわかるんだけど。
半分は今までの担当者の引き継ぎの甘さや、情報管理の甘さに泣かされている部分。

入社一年目にしては、かなり生意気なのも自覚してる。

今日は、明らかに情報の伝達を徹底できてない人に「どうして柚姫さん(仮名)が『できてない』って言えるの??」って言われた。
手元の書類には、明らかに「できてない」の論拠である情報があったけど、結局言い返さなかった。

根拠がない議論は説得力にかける。
それ以上に、語り手自身の持つ能力には力があって、今日の私にはそれが足りなかっただけ。

言い返せるけど、それをしたところで私がその問題によって起こる何を危惧しているのかを伝えられないのが解ってたから諦めた。

確かに、お姉さんがいなくなっても、組織というやつは動いて行く。
私一人いなくなっても、困る人はいなくて、何だかんだで動いて行く。
「自分がいなくなったら困る人がいる」なんて思うのは、自分勝手な思い込みでしかない。

自分が欠けることによって、何か会社の中で足りなくなるものがあるかと考えた時、それが何もないことに愕然とする。
自分のいる部署の関係上、売上がダイレクトに数字として出てくるわけじゃないから、本当に誰も困らないんだ。

だったら、自分がいることの意味は、自分が目の前で困っている事=問題を出来る範囲で何とかできるようにする事だけしかない。
冷たいようだけど、自分がここまでと決めた範囲だけは完璧に処理して、それ以外は徹底的に触れないで、自分の範囲だけは完璧をキープしてやる。

自分のできない事をいけしゃあしゃあと「やって当たり前」だとか言う、そんなの私は認めない。
中身の伴わない口先三寸なんて、私は大嫌い。
それでいて「誠実さが重要だ」とか、「誠心誠意」なんてよく言えたもんだ。

自分の姑息さや甘さを自覚しないで、キレイな言葉を並べて。
そういう人に限って、自分のことを棚にあげたがる。

そんな事をするようになったら終わり。
絶対にしたくない。
しないで済むようにしたい。


…潔癖すぎる?


とりあえず。
いなくなる時に誰かに引き継ぐ時、「知らない」と言われて結局ゼロから行かなきゃならないなんてことはナシにしなきゃ。

私のできることはまだまだ少ないけど、小さい事でも積み重ねれば何かになる。
そうだと思わないとやってけないよ(´へ`;)
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-24 19:17 | 日常生活
<< 腹黒度チェック 業務連絡 >>



CANDYのようにカラフルな柚姫の日常記録♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31