CANDY DROPS

ああもう!!

なんかとても幸せな気分♪

FREENOTEの「ピアノを弾いて」レコ発ツアーセミファイナル@SHIBUYA O-WESTに行ってきました。
いやぁ、よかった。

職場の方々にはよく勘違いされてしまうのですが、ワタクシ、ナイトメアやラルクは大好きだけれども、それしか聴かないというわけではなく。
音楽に関しては寧ろ超雑食なのです。
それこそメタルからクラシックまで。
エヴァネッセンスも加羽沢美濃も聴くし。
C↑Dとかすごーい骨の太いサウンドのハードロックだし。
そうかと思えばELTやYUKIや大塚愛、Tommyとかテクノ系のCapsuleとかも好きだし。

で、今日のライヴですが。。。
ホントによかった。。。

「キライチューン」(FREENOTEのメジャーデビュー曲)から始まり。
アップチューンが続いた後、
ピアノが入る曲が立て続けに。
「RE:チャンネル」では泣く3歩手前になり。
「ピアノを弾いて」ではほこほこし。
「ウォークメン」では泣く1歩手前になり。
ラストの曲は「終電マスター」。

アンコールは「恋は桃色」(細野晴臣のカヴァー)と100点のさよならを願っての「さよならの歌」。

「リズムラブ」や「ボクラリズム」みたいなリズムが強い曲もノリノリで好きなのだけど、Vo.秦千香子嬢の声の伸びは「RE:チャンネル」や「ウォークメン」みたいな”聴かせる”曲でその威力を発揮するように思うのです。
「RE:チャンネル」では鳥肌が立ちました。

ナイトメアのライヴとは客層も違えば楽しみ方も違ってカロリー消費は少なめ(笑)
それほど長時間のライヴではなかったのだけど、終わってから「元気になった」というよりも「なんだか幸せな気分になった」ライヴでした。

FREENOTEはイヴの日に渋谷BOXXで開催されるイベントに出演するそうな。
M-ON!TVでその模様が生中継されるとのことなので、興味のある方は御覧アレ。
(多分私も見てる(笑))



しかしそれにしても…
FREENOTEのライヴあとだというに、頭では仙台貨物の「アフガニズム~人生バツゲーム~」が延々エンドレスなのは何故だろう?
呪い?
[PR]
by yuzu-candy | 2005-12-16 23:45 | 我愛Music!!
<< 卓袱台返し×③ ラブ全開 >>



CANDYのようにカラフルな柚姫の日常記録♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31